NY為替:11月22日のNY為替概況

 22日のニューヨーク外為市場でドル・円は、108円52銭から108円73銭まで上昇し、108円65銭付近で引けた。米国の11月PMI速報値の予想を上回る上昇や11月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値の上方修正を好感して、全体的にドル買いが優勢になった。



 ユーロ・ドルは1.1061ドルから1.1015ドルまで下落し、1.1020ドル付近で引けた。ユーロ・円は120円13銭から119円66銭まで下落した。



 ポンド・ドルは1.2864ドルから1.2824ドルまで下落。英国PMIの悪化や受けたポンド売りも継続した。ドル・スイスフランは0.9940フランから0.9980フランまで上昇した。



[経済指標]

・米・11月製造業PMI速報値:52.2(予想:51.4、10月:51.3)

・米・11月サービス業PMI速報値:51.6(予想:51.0、10月:51.0←50.6)

・米・11月総合PMI速報値:51.9(10月:50.9)

・米・11月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値:96.8(予想:95.7、速報値:95.7)

・米・11月ミシガン大学1年期待インフレ率確報値:2.5%(速報値:2.5%)

・カナダ・9月小売売上高:前月比-0.1%(予想:-0.3%、8月:+0.1%←-0.1%)


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る