欧州市場でドル・円はじり安となり、108円50銭台に値を下げた。欧州株式市場はほぼ全面高のため株高を好感した円売りに振れやすいが、前日強含んだポンド・円の反落がユーロ・円などに波及。また、米10年債利回りは上げ渋り、ドル買いを抑制しているもよう。ポンド・ドルは1.1360ドルから1.3112ドルまで下落し、ポンド・円は143円01銭から142円41銭まで下落している。



 ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円58銭から108円68銭、ユーロ・円は120円57銭から120円73銭、ユーロ・ドルは1.1105ドルから1.1110ドルで推移した。