15日午前の東京市場でドル・円は、109円90銭近辺で推移。ドル・円は一時109円82銭まで売られたが、顧客筋などからドル買いが入ったことで109円90銭台に戻している。ただし、日経平均の下げ幅はやや拡大していることから、リスク選好的なドル買い・円売りのフローは増えていないようだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円82銭から110円01銭、ユーロ・円は122円20銭から122円45銭、ユーロ・ドルは1.1126ドルから1.1130ドル。





■今後のポイント

・米中通商協議の進展期待

・中東情勢の緊張緩和

・12月米雇用統計は市場予想をやや下回る



・NY原油先物(時間外取引):高値58.21ドル 安値58.07ドル 直近値58.14ドル