15日午後の東京市場でドル・円は109円90銭付近と、戻りの鈍い展開。日経平均株価は前日比100円超安の軟調地合いが続く。また、中国株や欧米株式先物の弱含みでリスク選好度は低下。米中通商合意の署名を前に円買いは後退しているものの、ドルの戻りを抑制しているようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円82銭から110円01銭、ユーロ・円は122円20銭から122円45銭、ユーロ・ドルは1.1126ドルから1.1130ドル。