15日午後の東京市場でドル・円は109円90銭台と、こう着した値動きが続く。中国株や欧米株式先物は引き続き軟調地合いで、リスク選好度は低下。また、米10年債利回りの低下でドル売りにつながりやすい。ただ、米中首脳の通商合意に関する今晩の調印が注目され、円買いは後退しているもよう。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円82銭から110円01銭、ユーロ・円は122円20銭から122円45銭、ユーロ・ドルは1.1126ドルから1.1138ドル。