16日午前の東京市場でドル・円は、109円90銭台で推移。人民元の基準レートが元高水準に設定されており、リスク選好的なドル買い・円売りのフローが多少入っているようだ。日経平均株価は小幅高で午前中の取引を終えており、株高持続もドル・円相場に対する支援材料となっているようだ。ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円86銭から109円99銭、ユーロ・円は122円50銭から122円73銭、ユーロ・ドルは1.1149ドルから1.1158ドル。





■今後のポイント

・米中通商協議の第1段階進合意署名

・人民元相場の中心レートは元高方向に振れた

・12月米雇用統計は市場予想をやや下回る



・NY原油先物(時間外取引):高値58.16ドル 安値58.06ドル 直近値58.07ドル