16日午後の東京市場でドル・円は109円90銭台と、こう着した値動き。米中間の正式通商合意に伴い材料が出尽くし、積極的な売り買いは手控えられているもよう。ドルが主要通貨に対して売られやすい影響で、ドル・円はクロス円相場にけん引される可能性があろう。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円86銭から109円99銭、ユーロ・円は122円50銭から122円73銭、ユーロ・ドルは1.1149ドルから1.1158ドル。