16日午後の東京市場でドル・円は109円90銭台と、動意の薄い値動き。日経平均株価はプラス圏を維持して取引を終え、円売り地合いは継続。今晩の欧米株高観測も、円売りを支援しているもよう。一方、足元ではドルに買戻しが入り、ドルは主要通貨に対して小幅に値を上げた。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円86銭から109円99銭、ユーロ・円は122円50銭から122円73銭、ユーロ・ドルは1.1149ドルから1.1158ドル。