20日午後の東京市場でドル・円は110円10銭台、こう着した値動き。市場センチメントの改善を背景に、日経平均株価や上海総合指数の堅調地合いを手がかりとした円売りが続く。ただ、本日は重要経済指標の発表など材料が乏しく、動きづらい展開のようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は110円09銭から110円22銭、ユーロ・円は122円12銭から122円32銭、ユーロ・ドルは1.1089ドルから1.1098ドル。