22日午後の東京市場でドル・円は110円付近と、上値の重さが目立つ。日経平均株価は前日比100円超高で24000円の大台を維持しており、足元は日本株高を好感した円売り基調に振れやすい。一方で、米10年債利回りは上げ渋り、一段のドル買いを抑制しているもよう。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円79銭から110円09銭、ユーロ・円は121円71銭から121円97銭、ユーロ・ドルは1.1077ドルから1.1086ドルで推移。