ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から137円50銭(2018/2/2)まで買われた。欧州中央銀行は緩和的な金融政策を長期間維持する可能性があることから、リスク選好的なユーロ買い・円売りは引き続き抑制される可能性がある。



【ユーロ売り要因】

・米雇用情勢の改善

・ユーロ圏の成長減速

・欧州中央銀行(ECB)は現行の金融政策を長期間維持へ



【ユーロ買い要因】

・ユーロ圏製造業の緩やかな回復

・米仏は年内の関税引き上げ見送りで合意へ

・ユーロ圏の失業率は低下傾向