24日午後の東京市場でドル・円は下げ渋り、109円50銭台でのもみ合いが続く。日経平均株価はプラス圏を維持しており、中国の新型コロナウィルスの感染拡大を懸念した円買いはいったん収束。足元では香港ハンセン指数や時間外取引米ダウ先物もプラスで推移し、現時点でドルは下げづらい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円44銭から109円58銭、ユーロ・円は120円96銭から121円14銭、ユーロ・ドルは1.1048ドルから1.1058ドル。