12日午前の東京市場でドル・円は小じっかり。日経平均株価の上げ幅拡大を背景とした円売りにより、109円後半でやや値を上げる展開。上海総合指数はマイナス圏で推移し円売りは抑制されているが、米株式先物は堅調地合いを維持し、今晩の株高を先取りしたドル買いが観測される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円77銭から109円89銭、ユーロ・円は119円82銭から119円97銭、ユーロ・ドルは1.0912ドルから1.0921ドル。



【金融政策】

・NZ準備銀行:オフィシャル・キャッシュ・レートを1.00%に据え置き



【要人発言】

・オアNZ準備銀行総裁

「家計消費の伸び率が加速する兆しがある」

「新型コロナウイルスの影響は6週間続く見込み」



【経済指標】

・日・1月マネーストックM3:前年比+2.3%(予想:+2.3%、12月:+2.3%)