12日午後の東京市場でドル・円は109円80銭台と、やや底堅さが目立つ。上海総合指数は引き続き堅調で、株高を好感した円売りが観測される。一方、欧州勢とみられるユーロ売りが再開し、ユーロ・ドルの一段安でドルは小幅に押し上げられた。同時にユーロ・円の下げにも影響を受けやすい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円77銭から109円89銭、ユーロ・円は119円77銭から119円97銭、ユーロ・ドルは1.0905ドルから1.0921ドル。