欧州市場でドル・円は110円付近にやや値を下げる展開。欧州株高や米10年債利回りの失速で、ドル買いはいったん収束したようだ。ただ、欧州株高や米株式先物の堅調推移でドル買い・円売り基調は継続しており、目先も長期金利の再上昇でドルは上値を試す展開となりそうだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円87銭から110円13銭、ユーロ・円は119円90銭から120円30銭、ユーロ・ドルは1.0915ドルから1.0925ドル。