13日の日経平均は反落した。ローソク足は短い上ヒゲを伴う陰線を引いたが、終値は上向きの5日線上をキープした。一目均衡表では、遅行線は強気シグナル発生を続けたが、基準線と転換線はともに横ばいで、目先のもみ合い継続を示唆している。ボリンジャーバンドでは、中心線と+1σで形成するレンジのほぼ中央で引け、買い手優位の形状を保った。