13日のロンドン外為市場で、ドル・円は109円62銭から109円81銭で推移した。中国での新型コロナウイルスによる死者・感染者の増加を受けて、欧州株が全面安、米株先物も大幅安となり、円買いが優勢になった。



 ユーロ・ドルは1.0889ドルから1.0866ドルまで下落し、ユーロ・円は119円55銭から119円20銭まで下落した。ユーロ圏やドイツの景気減速を懸念したユーロ売りも続いたもよう。



 ポンド・ドルは1.2955ドルから1.2989ドルでもみ合い。ドル・スイスフランは0.9761フランから0.9780フランで推移した。