14日午後の東京市場でドル・円は109円80銭付近と、小動き。午前中に109円73銭まで下げた後は下げ渋る値動きとなっている。109円半ばは押し目買い需要が強まるため、下値の堅さを意識したドルの買戻しが観測される。逆に、110円付近は引き続き売りが見込まれ、ドルの一段の上昇は想定しにくい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は109円73銭から109円91銭、ユーロ・円は118円87銭から119円08銭、ユーロ・ドルは1.0827ドルから1.0843ドル。