14日のロンドン外為市場で、ドル・円は109円76銭から109円84銭で推移した。米国の1月小売売上高や鉱工業生産など主要経済の発表を控え、全体的に小動きとなった。



 ユーロ・ドルは1.0832ドルから1.0850ドルで推移し、ユーロ・円は118円91銭から119円14銭で推移した。



 ポンド・ドルは1.3063ドルから1.3020ドルまで下落。持ち高調整とみられるポンド売りが先行した。ドル・スイスフランは0.9803フランから0.9814フランで推移した。