20日午後の東京市場でドル・円は110円10銭台と、変わらずの値動き。上海総合指数をはじめアジア株の堅調地合いを背景に、ややリスク選好的な円売りに振れやすい。一方、米株式先物が上昇に転じ、株安の混乱を警戒したドル買いは抑制されているようだ。





ここまでの取引レンジはドル・円は110円00銭から111円36銭、ユーロ・円は118円02銭から118円76銭、ユーロ・ドルは1.0653ドルから1.0749ドル。