NY外為市場では米2月中古住宅販売件数の発表待ちながら引き続きドル資金調達のドル買いや政府の経済支援策を期待したドル買い優勢で推移した。ドル・円は109円91銭から110円72銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.0760ドルから1.0690ドルまで下落した。



米10年債利回りは0.97%から1%まで上昇。ナスダック先物は「リミットアップ」で一時取引が停止したがダウ先物も小幅上昇で推移した。