先週末20日の米国市場ではNYダウが913.21ドル安の19173.98、ナスダック総合指数が271.06pt安の6879.52と急落したが、シカゴ日経225先物は19日の大阪日中比480円高の17030円と上昇した(本日23日の早朝には、米経済対策が難航しているとの報道などからシカゴ日経225先物は一時15060円まで売られる場面があった)。23日早朝の為替は1ドル=111円00銭前後(19日大引け時は108.84円付近)。本日の東京市場は円安を受けて任天堂<7974>など大型輸出株が買いを集める可能性がある。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大による景気悪化懸念は根強く、東京五輪の延期観測も出てきていることから、三菱UFJ<8306>、東京海上<8766>など大手金融株やJR東海<9022>など内需株はさえない動きを強いられよう。その他では、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測された味の素<2802>、ヘリオス<4593>、ダイフク<6383>、日本光電 <6849>、リコー<7752>、イオンFS<8570>、アコム<8572>、T&DHD<8795>などに注目。