23日午前の東京市場でドル・円は弱含み。朝方111円25銭を付けた後、ユーロ・ドルのじり高の影響で、ドルを下押し。また、日経平均株価はプラス圏を維持しているが、米株式先物や上海総合指数はマイナス圏が続き、日本株高を好感した円売りは縮小しつつある。





ここまでの取引レンジはドル・円は110円14銭から111円25銭、ユーロ・円は117円91銭から118円93銭、ユーロ・ドルは1.0636ドルから1.0721ドル。



【要人発言】

・安倍首相

「東京五輪、完全な形で実施が困難な場合は延期の判断せざるをえない」