NY外為市場では需要ひっ迫でドル買いが再燃した。ドル・円は109円83銭から111円24銭まで上昇した。ユーロ・ドルは1.0828ドルから1.0750ドルまで反落。ポンド・ドルは1.1675ドルから1.1491ドルまで下落した。



米連邦準備制度理事会(FRB)の無制限資産購入計画を好感し先物で一時上昇しておた
米国株式相場は大幅下落に転じた。米国政府の大規模経済支援策の行方が不透明であることやニューヨーク証券取引市場が新型ウイルス対策として取引ヴロアを閉鎖していることも影響したと見られる。



ダウ平均株価は900ドル超安。米10年債利回りは0.74%前後で推移した。