23日のニューヨーク外為市場でドル・円は109円83銭まで下落後、111円59銭まで上昇して引けた。

米連邦準備制度理事会(FRB)が無制限の資産購入や企業や州政府、地方自治体の流動性を支援する計画を発表し、金利先安感にドル売りが強まったのち、米国政府の経済支援策の成立を期待する動きにドル買い・円売りが再燃。



  
ユーロ・ドルは、1.0684ドルから1.0828ドルまで上昇して引けた。
予想を上回ったユーロ圏3月消費者信頼感指数速報値でユーロ買いが強まった。



  
ユーロ・円は118円23銭から119円94銭まで上昇。



  
ポンド・ドルは1.1675ドルから1.1447ドルまで下落した。



  
ドル・スイスは0.9883フランから0.9790フランまで下落した。



  

[経済指標]

・米・2月シカゴ連銀全米活動指数:+0.16(予想‐0.35、1月:−0.33←-0.25)
・ユーロ圏・3月消費者信頼感指数速報値:-11.6 (予想‐13.0、2月:-6.6)