24日午後の東京市場でドル・円は110円20銭付近でのもみ合いに変わりはない。米連邦準備制度理事会(FRB)の無制限量的緩和を受けたドル売りは一服しており、ドル・円は底堅く推移する。また、ユーロや豪ドルなど主要通貨の対ドルでの買いはいったん収束し、足元では伸び悩む展開のようだ。





ここまでの取引レンジはドル・円は110円09銭から111円35銭、ユーロ・円は118円64銭から119円58銭、ユーロ・ドルは1.0723ドルから1.0823ドル。