24日午後の東京市場でドル・円は110円40銭付近に値を上げる展開。日経平均株価は前日終値比1200円超の大幅高で取引を終えており、リスク選好的な円売りに振れやすい。一方、米10年債利回りは戻りが鈍いものの、先安観の後退でドル売りを抑制しているもよう。





ここまでの取引レンジはドル・円は110円09銭から111円35銭、ユーロ・円は118円64銭から119円58銭、ユーロ・ドルは1.0723ドルから1.0823ドル。