25日午前の東京市場でドル・円は、110円80銭台で推移し、やや上げ渋る展開。日経平均は前日比1036円高で午前の取引を終了しており、かなり強い動きを見せているが、これまでのところ、リスク選好的な円売りは拡大していないようだ。米国の無制限の量的緩和策はドル売り材料になるとの見方が出ていることから、現時点でリスク選好的なドル買い・円売りが大きく広がるとの見方は増えていない。ここまでの取引レンジはドル・円は110円85銭から111円54銭、ユーロ・円は119円52銭から120円33銭、ユーロ・ドルは1.0768ドルから1.0815ドル。



■今後のポイント

・欧米諸国での新型肺炎の感染拡大に対する警戒感

・米国の無制限量的緩和

・主要国の財政出動期待



・NY原油先物(時間外取引):高値25.10ドル 安値24.20ドル 直近値24.73ドル