26日午後の東京市場でドル・円は110円70銭付近と、底堅い値動き。日経平均株価は前日比600円超安の軟調地合いが続くものの、アジア株の全般的な上昇基調でリスク回避的な一段の円買いは抑制されているもよう。一方、米10年債利回りの下げ渋りで、ドル売りは後退したようだ。





ここまでの取引レンジはドル・円は110円46銭から111円30銭、ユーロ・円は120円61銭から121円09銭、ユーロ・ドルは1.0871ドルから1.0934ドル。