26日午後の東京市場でドル・円は110円40銭台に失速。日本株や中国株の軟調推移を受け、ややリスク回避的な円買いに振れているもよう。また、ユーロ・ドルのじり高で、ドルは下押しされやすい。一方で、米10年債利回りが0.81%台に持ち直しており、金利にらみのドル売りは抑制されたようだ。





ここまでの取引レンジはドル・円は110円46銭から111円30銭、ユーロ・円は120円61銭から121円09銭、ユーロ・ドルは1.0871ドルから1.0934ドル。