29日午後の東京市場でドル・円は106円50銭台と、動意の薄い値動き。ドル売り地合いのなか、ユーロは上昇基調を維持し1.0850ドル台に浮上した。ドル・円は下押し圧力が観測されるものの、中国株高や原油価格の上昇を背景とした円売りで下値は堅そうだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円51銭から106円90銭、ユーロ・円は115円51銭から115円77銭、ユーロ・ドルは1.0819ドルから1.0854ドル。