29日午後の東京市場でドル・円は106円50銭台と、動意薄の値動き。上海総合指数をはじめアジア市場の主要株価指数は堅調地合いを維持し、リスク選好的な円売りが続く。一方、米連邦公開市場委員会(FOMC)や欧州中銀(ECB)理事会での政策決定が注目され、積極的に動きづらい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円51銭から106円90銭、ユーロ・円は115円51銭から115円77銭、ユーロ・ドルは1.0819ドルから1.0854ドル。