29日の米国市場ではNYダウが532.31ドル高の24633.86、ナスダック総合指数が306.98pt高の8914.71、シカゴ日経225先物が28日の大阪日中比590円高の20400といずれも急伸した。休日明け30日早朝の為替は1ドル=106円60-70銭(28日大引け時は107.20円付近)。本日の東京市場は全面高が予想され、米国株急伸を好感してソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>など日経平均の高構成比銘柄の大幅上昇が予想され、任天堂<7974>、ソニー<6758>、トヨタ<7203>といった売り上げの北米依存度の高い銘柄も買いを集めよう。日経平均は2万円回復が濃厚で、野村<8604>など証券株も買いが強まりそうだ。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたネクソン<3659>、イビデン<4062>、リクルートHD<6098>、ルネサス<6723>、スタンレー電気<6923>、ファナック<6954>、日東電工<6988>、ネットワン<7518>などに注目。