30日午後の東京市場でドル・円は106円50銭台と、変わらずの値動き。ドルは月末に伴う国内勢の買いが一服し、上昇は抑制されているもよう。一方で、日経平均株価は前営業日比500円超高の20000円台で推移しており、引き続きリスク選好の円売りがドルを下支えする。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円46銭から106円88銭、ユーロ・円は115円65銭から116円06銭、ユーロ・ドルは1.0852ドルから1.0880ドル。