4日午後の東京市場でドル・円は106円70銭台と、底堅さが目立つ。日本や中国の市場の休場で薄商いが続くなか、ユーロ・ドルは一段安で1.0930ドル台に値を下げドルを小幅に押し上げた。ただ、ユーロ・円が弱含み、ドル・円の重石となっているもよう。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円67銭から106円94銭、ユーロ・円は116円70銭から117円31銭、ユーロ・ドルは1.0935ドルから1.0975ドル。