4日のロンドン外為市場で、ドル・円は106円69銭から106円78銭まで反発。新型コロナウイルスの感染拡大の原因について、トランプ米大統領は「何が起きたかを正確に示す、非常に強力な報告書を出す。非常に決定的なものだ」、「中国はひどい失敗をした。認めたくなかったんだろう」などと述べており、米中関係の悪化懸念で米株先物は下落したが、リスク回避的なドル売り・円買いは拡大しなかった。ユーロ・ドルは1.0924ドルから1.0949ドルまで上昇。ユーロ・円は116円62銭から116円84銭まで戻した。