5日の欧州市場でドル・円はやや強含み。106円66銭から106円90銭まで買われている。米中対立を警戒してリスク選好的なドル買い・円売りはやや抑制されているようだが、欧州諸国の株高を意識した円売りが観測されており、クロス円レートは底堅い動きを見せている。ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円66銭から106円90銭、ユーロ・ドルは1.0826ドルから1.0852ドル。ユーロ・円は115円61銭から115円97銭。



■今後のポイント

・米国経済の段階的な再開計画

・原油価格の軟調地合い

・米中対立への懸念