ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から137円50銭(2018/2/2)まで買われた。ユーロ圏の経済見通しは著しく不透明であること、ユーロ圏諸国の財政支援策は十分ではないとの見方が出ていることから、リスク選好的なユーロ買い・円売りが大きく広がる可能性は低いとみられる。



【ユーロ売り要因】

・欧州諸国におけるウイルス感染者の増加

・ウイルス感染の拡大を巡って米中対立の懸念

・ドイツ憲法裁は欧州中央銀行(ECB)の一部行動を違憲と指摘



【ユーロ買い要因】

・ドイツ、フランスなどの財政出動

・ドイツ、スペイン、イタリアの段階的な経済再開計画

・ウイルス感染拡大の抑制期待