8日午後の東京市場でドル・円は106円40銭台と、小動き。次の材料待ちで、様子見ムードが広がる。引き続き日経平均株価は前日比400円超高で、リスク選好的な円売りが主要通貨を支えているもよう。一方、ドルの主要通貨に対する売りは一服したようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円26銭から106円46銭、ユーロ・円は115円08銭から115円44銭、ユーロ・ドルは1.0823ドルから1.0854ドル。