8日午後の東京市場でドル・円は106円40銭台でのもみ合い。日経平均株価は大引けにかけて上げ幅をやや拡大し、500円超高の20179円高で取引を終えた。全般的にアジア株高に振れており、リスク選好的な円売りが続く。原油価格の強含みも、円売りの支援材料のようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円26銭から106円46銭、ユーロ・円は115円08銭から115円44銭、ユーロ・ドルは1.0823ドルから1.0854ドル。