8日午後の東京市場でドル・円は106円40銭付近でのもみ合い。アジア株は堅調地合いを維持しており、リスク選好的な円売りに振れやすい。一方、欧米株式先物もプラス圏で推移し、円売りを支援。ただ、米10年債利回りは低水準で、ドル買いは抑制されているようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円26銭から106円46銭、ユーロ・円は115円08銭から115円44銭、ユーロ・ドルは1.0823ドルから1.0854ドル。