欧州市場でドル・円は106円30銭台と、変わらずの値動き。米10年債利回りの低下でドルは主要通貨に対してやや値を下げる展開。一方で、ユーロや豪ドルなどは円に対しても上昇しており、ドル・円は下押し圧力がかかるものの、クロス円が下支えしているようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は106円29銭から106円40銭、ユーロ・円は115円03銭から115円37銭、ユーロ・ドルは1.0819ドルから1.0846ドル。