TOCOM金 21年4月限・夜間取引終値:5845円(前週末日中取引終値比↓14円)



・想定レンジ:5775円-5900円



11日の東京商品取引所(TOCOM)金先物(期先:21年4月限)は軟調となりそうだ。前週末の米国市場では、発表された雇用統計で失業率は過去最悪だったとはいえ14.7%と予想よりは悪くなく、NYダウなど主要株価指数も揃って大幅高だった。本日の東京市場では、日経平均など株式のリスク資産については前週末からの反動安もあるだろうが、緊急事態宣言の早期解除も見込まれるなか大きく売り込まれることもないと考えられる。前週から全体的なムードがリスクオンに傾きはじめている中、安全資産である金には買いが入りづらいと予想されよう。小幅に下落したナイトセッションの流れを受けて軟調な展開となりそうだ。