26日午後の東京市場でドル・円は107円10銭を下回る安値圏でのもみ合いが続く。日経平均株価の堅調地合いを背景にリスク選好的な円売りが継続しているものの、ドル・円のじり安でクロス円は上げ渋る展開に。一方、米10年債利回りはほぼ横ばいで、ドルは売り買いともに仕掛けづらい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円06銭から107円25銭、ユーロ・円は120円07銭から120円32銭、ユーロ・ドルは1.1208ドルから1.1226ドル。