26日午後の東京市場でドル・円は下げ渋り、107円10銭台に値を戻した。ユーロ・ドルの一段安でややドルが押し上げられた格好。一方、時間外取引の米株式先物は軟調ながら下げ幅を縮小しており、目先の反転期待から安全通貨のドルは上昇が抑制されよう。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円03銭から107円25銭、ユーロ・円は120円04銭から120円32銭、ユーロ・ドルは1.1205ドルから1.1226ドル。