NY外為市場では米国でのウイルス感染拡大を警戒しリスク回避する動きが加速した。



テキサス州知事はバーの営業を再び閉鎖、レストランでの飲食を制限すると発表。同州ハリス群は新型ウイルスで最高度の緊急事態を宣言した。フラリダ州でも連日の感染者数急増が伝えられると、株式相場の下げが一段と拡大。ダウ平均株価は一時600ドル超安。安全資産として買いが進み米国債相場も上昇。米10年債利回りは0.67%から0.64%まで低下した。



ユーロ・円は120円23銭から119円98銭まで下落。ドル・円は107円15−20銭で高止まり。ユーロ・ドルは1.1229ドルから1.1195ドルへ下落した。