■NY株式:米国株は大幅反落、ウイルス感染拡大が回復遅らせるとの懸念広がる



米国株式相場は大幅反落。ダウ平均は730.05ドル安の25015.55ドル、ナスダックは259.78ポイント安の9757.22ポイントで取引を終了した。連邦準備制度理事会(FRB)が25日引け後に発表したストレステストの結果を受けて大手銀に少なくとも9月まで増配や自社株買い再開を禁止したことが嫌気されたほか、ウイルス感染の一段の拡大が懸念され大きく下落して寄り付いた。その後、テキサス州がバーの営業を再び停止し、レストランの入店制限を発表したほか、フロリダ州もバーでのアルコール摂取量を制限すると発表すると、経済活動再開が滞り回復を遅らせるとの懸念が広がり引けにかけて下げ幅を拡大した。セクター別では、銀行やメディア娯楽が大きく下落した。



スポーツ用品メーカーのナイキ(NKE)は第4四半期決算で予想外の赤字を計上し急落。増配や自社株買いの禁止を受け、金融大手のゴールドマンサックス(GS)、モルガンスタンレー(MS)などが軒並み下落した。また、フェイスブック(FB)やツィッター(TWTR)は消費財大手ユニリーバが両社への広告掲載を年内取りやめると発表したことが嫌気され下落した。ソフトウェアのマイクロソフト(MSFT)は全直営店舗の閉鎖を発表し下落。一方小売りのギャップ(GPS)は著名ミュージシャンとの提携が好感され急伸した。



食品スーパーのアルバートソン(ACI)は26日、NY証券取引所に上場を果たしたが、IPO価格16ドルを割り込んで取引を終え冴えない結果となった。



(Horiko Capital Management LLC)





■NY為替:ドル強含み、5月の米個人消費支出は統計開始以来の大幅な伸びを記録



26日のニューヨーク外為市場でドル・円は、106円91銭から107円36銭まで上昇して107円22銭で引けた。米5月コアPCE価格指数が予想を上回ったほか、5月個人消費支出が過去最大の伸びを示したことが好感されドル買いが優勢となった。その後発表された6月ミシガン大学消費者信頼感指数確報値が予想外に下方修正されたため、ドル買いはやや後退した。



ユーロ・ドルは1.1195ドルまで下落後、1.1239ドルまで上昇して1.1220ドルで引けた。欧州連合(EU)が米国からの渡航者入域禁止の勧告したことがユーロ売りにつながった一方、欧州がデジタル課税で米に新提案をしたことは合意期待に繋がりユーロの下支えとなった。ユーロ・円は119円91銭から120円38銭まで上昇。ポンド・ドルは1.2397ドルから1.2315ドルまで下落した。ドル・スイスは0.9500フランまで上昇後、0.9467フランまで下落した。





■NY原油:反落、株安を意識して売りが強まる



26日のNY原油先物8月限は反落(NYMEX原油8月限終値:38.49 ↓0.23)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は、前営業日比-0.23ドルの1バレル=38.49ドルで取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは37.79ドル−39.35ドル。26日のロンドン市場で39.35ドルまで買われたが、ニューヨーク市場で37.79ドルまで反落。新型コロナウイルスの感染再拡大を警戒して米国株式は大幅に下落したことが嫌気されたようだ。





■主要米国企業の終値



銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)



バンクオブアメリカ(BAC)  23.15ドル   -1.57ドル(-6.35%)

モルガン・スタンレー(MS) 47.05ドル   -1.74ドル(-3.57%)

ゴールドマン・サックス(GS)189.19ドル  -17.91ドル(-8.65%)

インテル(INTC)        57.50ドル   -1.01ドル(-1.73%)

アップル(AAPL)        353.63ドル  -11.21ドル(-3.07%)

アルファベット(GOOG)    1359.90ドル -81.43ドル(-5.65%)

フェイスブック(FB)     216.08ドル  -19.60ドル(-8.32%)

キャタピラー(CAT)      122.39ドル  -2.32ドル(-1.86%)

アルコア(AA)         10.93ドル   -0.90ドル(-7.61%)

ウォルマート(WMT)      118.32ドル  -1.39ドル(-1.16%)