ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。ユーロ・円は、英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)から137円50銭(2018/2/2)まで買われた。欧州復興基金創設を巡る協議がすみやかに進展するかどうか、慎重な見方は依然として多いものの、通商問題を巡って米国との関係が悪化する可能性は特に高まっていないことから、リスク回避的なユーロ売り・円買いがただちに拡大する可能性は低いとみられる。



【ユーロ売り要因】

・欧州諸国におけるウイルス感染者の増加

・欧州復興基金創設に問題点も

・米国とEUとの間で貿易摩擦が生じる可能性



【ユーロ買い要因】

・欧州各国における経済再開

・米国のゼロ金利政策は長期化の公算

・ウイルス感染拡大の抑制期待