欧州市場でドル・円は弱含み、107円30銭台に値を下げた。欧州株式市場は主要指数が総じて強含むほか、米株式先物は上げ幅を拡大しており、リスク選好ムードで安全通貨のドルは売られている。一方、欧州連合(EU)の復興基金に関する協議が来週開催されるとの見通しも、ユーロ買いの支援材料。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は107円34銭から107円48銭、ユーロ・円は121円16銭から121円34銭、ユーロ・ドルは1.1275ドルから1.1302ドル。