TOCOM金 21年6月限・夜間取引終値:6201円(前日日中取引終値↑32円)



・想定レンジ:上限6250円-下限6170円



8日の東京商品取引所(TOCOM)金先物(期先:21年6月限)は上昇しそうだ。昨日の米国株式市場は、新型コロナウイルス感染拡大への懸念が強まり反落。日本でも東京都内の新規感染者が6日連続で100人を超えており、本日の東京市場では新型コロナへの警戒感から、株式などリスク資産への投資は見送られ、安全資産とされる金などに資金が向かいやすいだろう。金先物は、ナイトセッションの間に6200円台を超えてきて騰勢を強めており、投機資金が流入する可能性もありそうだ。